函館→新潟 1日目

To Hakodate Project > 函館→岐阜2012 > 函館→新潟 1日目

さぁ、いよいよ函館出発です.

 

 車弄り in 函館 をご覧いただいた方はご存知だと思いますが、当日の1時まで作業をし,その後家の前が除雪中で入れないと言われ、ドライブを2時間して,家に帰ってきた後も片付けや、内装取り付けをし,30分程度で簡単な荷造りをして出発したのは7時25分!深夜なら10分もかからず着いてしまう距離ですが,さすが朝の通勤ダッシュ!追い打ちをかけるように昨夜の雪で,路面はふかふかの雪.普段は2車線の道路も1.8車線程度でなかなか進みません.遅れる旨を伝えたところ,10分前だったら大丈夫とのこと!(ありがたい)

 地元民の道と,1.8車線を最大限に使い、ようやく到着したのが7時58分.

8時10分 函館港出発

 朝日が函館山の後ろからあがってきて、とても清々しい朝を船の上で迎えられました.写真が数枚あるので後であげておきます.

 

 船内は,失礼ですが今までの青函フェリーとは比べ物にならないほど良いものでした.船内の紹介を写真を交えてしますね.

まず、客室フロアが2階建てでした!1階と2階とそれぞれに客室があり,テレビまで備え付けられていました.自動販売機は充実しており,カップ麺からジュースまで5台ほどありました.今回は空いていたので、2階のフロアは貸し切り状態でした.

 

 テレビを見る訳でもなく,Alphaはなぜか分岐タップを持っており,それで携帯×3,カメラの充電をして眠りにつきました.

 

 フェリーに乗るときは青函・津軽海峡・新日本海関係なく、15cm延長+3分岐タップは手荷物にしてるよ。(携帯x1 AC/2USBx1 空きx1)

 あるのとないのとでは全然違うからね。

 

 青函フェリーに乗る前は、できるだけ長く起きて徹夜すべし!

フェリーでは起きていても退屈するだけ,かといって寝ようと思ってもエンジン音や振動、明かりや,防犯上財布などの心配、揺れでなかなか寝られないのでいつもこうしています.

12:10 青森港着

秋田

道の駅 あきた港

25万人来場記念?だったかな。

そんな感じで展望室まで無料でした。

ちょうど着いたのが日没30分くらい前で、ナイス!とか思いながら、タワーの足下でもてっぺんでも写真をぱしゃぱしゃ。

ちょうど目の前で新日本海フェリーさんが荷物の積み卸しをしているところで、いい感じに夕暮れの雰囲気がマッチして、なんともいい写真ができました。

まるで広告ポスター状態ですがw

あきた港でゲットしたクーポン券を頼りに夕飯にありつきます。

Alphaはかつを、Betaはかき+かつを食べました。

山形

ZEN☆THROUGH

 

新潟

予約comでゲットした素泊まり3000円のホテルに向かって疾走。

やはり、カーナビの時間設定は40km/hを前提にするのがベストですね・・・

表定速度の設定を60km/hにしてしまうと何かとやっかいです。

 

途中、おれ(Alpha)の運転担当中に路面の氷?にハンドルを取られ、除雪されていた雪の壁に左のバンパーをこすってしまう。

そこで左サイドウィンカーの部品を雪に奪われ、また配線が水分でショートしてしまいヒューズが飛んでウィンカーがつかなくなってしまった。

 

・・・それでも向かうしか無いので、ホテルに遅れるといった旨の連絡をいれて新潟へ。

新潟APAホテルの最上階.

今回は車中泊ではなくホテルです.

ウィンカーの修理を翌日行うため、ホテルの”高速インターネット”(笑)を使って最寄りの○ートバックスを探します.SNSに写真をアップしたり, ホームページを中途半端に更新してみたりして

 

ゆっくり休み、次の日に備えます。

 

 

新潟→山梨

 

 

 

 

 

 

 

このページはリンクフリーです。
リンク希望の方は、掲示板に書き込みを頂けると嬉しいです。