Alpha's? Car 日産・ER34スカイライン

To Hakodate Project > 準備編 > 車両紹介 > ER34スカイライン

こちらは弟のものです。が、兄特権でしょうか。たまーに乗り回してます。

 

グレードはGT-X turbo

 

エンジン : RB25DET[280ps]

排気量 : 2,500cc

駆動方式 : FR

変速機 : 4AT(マニュアルモード付き)

ボディ : 4ドアセダン

 

弟が『込み込み50万』という条件の中見つけてきた車。

4万kmで車検あり、修復歴あり。

よく見つかったなぁなんて思いますが、ATだから50万を切ったようです。

MTだったら100万円は必要らしい。あぁ恐ろしい。

 

純正で

水温(信頼できない)

油温(信頼できない)

油圧(信頼できない)

電圧(必要ない)

ブースト

 

と沢山の機器類がついています。

R34スカイラインはなんだかんだでメーター多いんですね。

 

乗ってみた感触としては、やはりエンジンのフィーリングはなかなか。

3000rpmからブーストがかかる感じで、伸びきったかな?と思ってもまだ少しだけ伸び代があって、なんだかんだで気持ちのいいエンジンですね。

踏んだときのターボラグは確かに気になりますが、そもそもの排気量と低い過給圧[0.9kg/cm2]のおかげでそこまで感じません。

 

続いてシャシー関連ですが、純正のサスでも安定感はさすがと言えます。

街乗りは快適にこなし、だからといってふわふわサスでもなく、しっかりとした安定感があるように思います。

ただ、高速域でのカーブはちょっとだけ頼りないので、ここらへんはバネ強くするとか、車高調入れるとかしないとやりたくはないですね。

あと挙げるとしたら重さでしょうか。

R34スカイライン、約1.4t程度の重さですが、やはり走ってても感じる物はあります。

鉄で出来ているので安定感と言ってしまえばそれまでですが、やはり加速が若干もたつく感じはありますし、ブレーキングや細かい挙動では粗が出てしまう時もあります。

ただ・・・剛性はすごいですね。

 

 

こんなところでしょうか。

このページはリンクフリーです。
リンク希望の方は、掲示板に書き込みを頂けると嬉しいです。